あべ司法書士事務所【神戸市東灘区】
 ~JR住吉駅から徒歩1分~
土地・家屋・遺産の名義変更、相続
遺言書の作成、成年後見、生前贈与
家族信託(民事信託)などのご相談
株式会社その他法人設立、変更登記

土地や家、マンションなどの不動産名義変更、登記手続、抵当権の抹消、相続、生前贈与の登記、公正証書遺言の作成や自筆証書遺言の検認、相続放棄、家族信託や生前贈与・遺言書作成などを利用した生前対策。株式会社、合同会社その他の法人の設立や変更登記手続き。神戸市東灘区のほか灘区、芦屋市、西宮市のお客様からも、たくさんのご用命を頂いております。ぜひお気軽にご相談下さい。
 078-955-2958
お問い合わせ

解説・豆知識

遺言

遺留分と遺留分侵害額請求権(簡易まとめ)

 【遺留分

»

兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、Aの価額に、Bの割合を乗じた額を受ける。

A=(相続開始時の財産の価額)+(贈与した財産の価額)―(債務の全額)

B= 直系尊属のみが相続人の場合は3分の1、その他の場合は2分の1

※ 相続人が数人ある場合には、さらに各自の法定相続分を乗じる

※ Aの(贈与した財産の価額)について、

相続人以外に対する贈与の場合は、相続開始前1年間にしたものに限る。

相続人に対する贈与の場合は、相続開始前10年間にした贈与で婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本としてした贈与に限る

 

遺留分侵害額の請求】 

» 受遺者又は受贈者は、遺贈又は贈与の目的の価額を限度として、遺留分侵害額を負担する。  
» 受遺者と受贈者とがあるときは、受遺者が先に負担する。                 
» 受贈者が複数あるときは、後の贈与による受贈者から順次、前の贈与による受贈者が負担する。
» 受遺者が複数あるとき、又は受贈者が複数ある場合においてその贈与が同時にされたものであるときは、受遺者又は受贈者がその目的の価額の割合に応じて負担する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。
» 受遺者又は受贈者の無資力によって生じた損失は、遺留分権利者の負担に帰する。      
» 遺留分侵害額の請求権は、①遺留分権利者が、「相続の開始」及び「遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったこと」を知った時から1年間行使しないときは、時効によって消滅する。②相続開始の時から10年を経過したときも、同様とする。
2021.07.28 Wednesday